トップに戻る

ルールについてお知らせ


サッカー
ソフトボール
バスケットボール
バドミントン
バレーボール



基本的に下記のようになりますが、ただいま調整中ですので変更の可能性があります。 ご注意ください。



サッカーのルール・・・8人制

o 試合時間は準々決勝までの試合については15分間のみです。準決勝以降の試合については、10分ハーフでハーフタイムを5分とします。同点の場合にはPK戦(3対3)で勝敗を決定します。(それでも同点の場合はサドンデス)
o オフサイドは全試合適用します。
o 足によるキーパーへのバックパスは禁止です。
o コートは80×50mで行います。
o その他のルールについてはサッカーの公式ルールに基づいて行われます。
o 準々決勝までは、女子選手が1試合を通して出場した場合に限り、 以下のようなハンデが与えられます。

女子選手 1人 2人 3人 4人 5人 6人 7人 8人
得点 1点 1点 1点 2点 2点 3点 3点 3点

o 女子選手が男子選手と途中交代した時点でハンデの得点はなくなります。 但し、女子選手同士の交代の場合、ハンデは継続されます。 なお、準決勝以降は前半戦・後半戦それぞれで上記のハンデが与えられます。

※サッカー大会では、同一の団体・サークルからの出場は2チームまで とさせていただきます。
同一団体から3チーム以上の出場が確認された場合、全てのチームが失格となるおそれがあります。。
よろしくお願いいたします。



ソフトボールのルール・・・9人制

o 試合は準々決勝までの試合については最大5イニングで制限時間を35分とし、準々決勝以降の試合については最大7イニングで制限時間45分とします。
o 試合終了5分前(30分または40分経過)の時点で最終回とし、次のイニングには進めません。最終回のイニング成立まで試合を続行します。
o 第一試合からテイクワンベース(プレー中にボールがファールラインのもうひとつ外側のラインをこえた時に無条件で進塁が認められること)は有効です。それまではオールフリーで最後までボールを追いかけてもらう必要があります。
o 準決勝から盗塁あり、パスボール・ワイルドピッチによる進塁あり、振り逃げありとします。
o 同点の場合、準決勝より前の試合はジャンケン、準決勝からはタイブレーカー(前回最後に打撃を完了した選手を2塁走者とし、無死2塁の状況から試合をし、勝敗が決まるまで続けていく)で勝敗を決めます。
o 途中交代・代打あり、リエントリーあり(スターティングメンバーのみ、ベンチに引っ込んでも一度だけ再出場できる)とします。ただし、その旨を必ず審判に報告してください。
o DP(指名選手)ありとします。ただし、その旨を必ず審判に報告してください。(その際、どちらかだけが女子であっても女子ハンデは適用しません。両方が女子だった場合は、1人分の女子ハンデを適用します)
o その他のルールについては公式戦のルールに基づいて行われます。
o 女子選手が1試合を通して出場した場合に限り、以下のようなハンデが与えられます。

女子選手 1人 2人 3人 4人 5人 6人 7人 8人 9人
得点 1点 1点 2点 2点 3点 3点 4点 4点 4点

※ソフトボール大会では、同一の団体・サークルからの出場は2チームまで とさせていただきます。
同一団体から3チーム以上の出場が確認された場合、全てのチームが失格となるおそれがあります。
よろしくお願いいたします。



バスケットボールのルール・・・5人制

o 試合時間はすべて流し(フロースロー時もタイマーを止めない)で行います。準々決勝までは第1クォーター、第2クォーターともに10分で、ハーフタイムを5分とします。準決勝以降については公式戦の最終クォーターと同様に、試合時間が残り2分を切った時点からシュートが決まるたびにタイマーを止めます。また、同点の場合には代表者1名(途中交代あり)のフリースロー(サドンデス)で勝敗を決定します。
o その他のルールについては公式戦のルールに基づいて行われます。
o 試合中、チーム番号が大きいチーム、トーナメント表右側のチームにビブスを着用してもらいます。但し、両チーム及び審判の合意のもとで変更などは可能です。
o 女子選手が1試合を通して出場した場合に限り、女子選手1人につき5点のハンデが与えられます。女子選手が男子選手と途中交代した時点でハンデの得点はなくなります。但し、女子選手同士の交代の場合、ハンデは継続されます。準決勝以降も同様です。



バドミントンのルール・・・2人制(ダブルス)

o 試合はダブルスで、制限時間15分のラリーポイント制21ポイント1ゲームマッチ(デュース有り)です。決勝トーナメントの試合についてはラリーポイント制21ポイント3ゲームマッチ(デュース有り)です。(但しラリーが長く続いた場合は30ポイント先取したほうが勝ちです。)
o その他のルールについては公式戦のルールに基づいて行われます。
o 経験者の部の試合形式は、まず5チームを1リーグとして予選リーグを行い、それぞれ上位2チームが決勝トーナメントに進みます。 o 未経験者の部の試合形式は、まず3〜5チームを1リーグとして予選リーグを行い、それぞれ上位1チームが決勝トーナメントに進みます。 o 女子選手1人の出場で3点、2人の出場で7点のハンデが与えられます。 但し、準決勝以降の試合については、セットそれぞれにつき、ハンデが与えられます。



バレーボールのルール・・・6人制

o 試合は、準々決勝までの試合については制限時間15分のラリーポイント制25ポイント1セットマッチで、デュースは無しです。同点の時点で制限時間になった場合、1ポイント先取したチームの勝ちとします。準決勝以降の試合については制限時間無し、ラリーポイント制、デュース有りの15ポイント3セットマッチです。
o リベロは有りですが、女性ハンデは適用されません。
o ネットの高さは男子と女子の中間(約2m33cm)です。
o その他のルールについては公式戦のルールに基づいて行われます。
o 準々決勝までは、女子選手が1セットを通して出場した場合に限り、以下のようなハンデが与えられます。

 
女子選手 1人 2人 3人 4人 5人 6人
得点 1点 3点 4点 6点 7点 8点

準決勝以降のハンデは1人につき1点(1セットごとに与えられます)です。女子選手が男子選手と途中交代した時点でハンデの得点はなくなります。但し、女子選手同士の交代の場合、ハンデは継続されます。
Contents of This site
トップページ
パンフレット
参加方法
各種目ルール
よくある質問
協賛企業一覧

map

logo